つくばエクスプレス(TX)(路線案内・混雑度レポート)

開業が2005年と新しい、つくばエクスプレスのご紹介です。

秋葉原から北千住を通り、つくばまで最短45分で結ぶ近代的な路線です。

北千住から先は、南流山と守谷を除くすべての駅が2005年に開通したときに作られた駅なので、街がとても新しいです。これからもどの駅もこれから開発されそうな場所ばかりです。

乗り入れ路線がないので、乗り方は非常にわかりやすいです。

都内は地下駅が多い

北千住駅を除く都内の駅はすべて地下です。

新しい路線なので少し深いところを走っています。

ターミナル秋葉原駅の乗り換えは、どの路線も最低5分程度は見ておいたほうが良いと思います。

街の周辺情報は公式サイトが充実

新しい街が続くためなのでしょうか、公式サイトの各駅の案内が充実しています。

つくばエクスプレス 

駅・駅ナカ情報 から各駅をクリックするとイメージがわきやすくなっていますので、つくばエクスプレスを検討中の方は一度覗いてみることをおススメします。

賃貸物件もどんどん建ちます

北千住までは都心ですが、その先からは開発されていなかったところを走っているので、賃貸物件の数は決して多くありませんが、新築や築浅物件が多いのが特徴です。建設中の場所も多いので穴場になりつつあります。

八潮から先、流山や柏方面は分譲マンションの建設が続いているので、ファミリー層の人気がどんどん上がっています。

つくばエクスプレスは、物件数が決して多くはありませんが、街がきれいなのでおススメしやすい路線のうちの一つです。通勤経路で一本で行ける人はもちろん、北千住や秋葉原、新御徒町で乗り換えOKであれば、選択肢に入れてオーダーしてみてください。とくに大江戸線沿線に勤務地がある方は、新御徒町駅の乗り換えは大江戸沿線の中でも近いほうです。

混雑度レポート(六町→秋葉原)

六町駅ホーム

六町駅 7:55の秋葉原行きに乗車しました。

一本前は通勤快速が通過してゆきその後の各駅停車です。六町駅ではドアに10名程度並んでいました。

ここの乗車時からスマホは難しく、奥のほうには入ってゆけませんでしたが、圧があるというわけではありません。

次の青井駅では4~5名乗車してきましたが、決して強い力が加わっているわけではないので他の路線よりもましです。

主観ですが北千住で20%程度下車し、10%程度乗車してきました。

その後南千住、TX浅草とほとんど動きはなく新御徒町では20%程度下車しました。おそらく都営大江戸線に乗り換える人が多いものと思います。

隣の人に触れる程度の状態で秋葉原駅に到着しました。秋葉原から各線へは、少し長い通路を通り乗り換えが必要です。

しかしTXは全電車秋葉原始発なので、ここから乗ると帰りは待てば必ず座れます。

新しい路線なのでホームの場所が遠い駅が多いですが、揺れも少なくそれほどつらいとは感じませんでした。

投稿者プロフィール

西原 太
法人営業部ではお客様へ正確な情報とホスピタリティをご提供します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
東京都葛飾区出身 宅地建物取引士 AFP
趣味:東京の街、車