賃貸住宅フェア2018に行ってきました

昨日と本日、合間を見て東京ビッグサイトで行われた賃貸住宅フェアに行ってきました。

その様子と感想をご紹介します。

賃貸住宅フェアとは

文字通り賃貸住宅の展示会ですが、我々不動産業者もさることながら、オーナーの来場も多いです。

不動産業者向け、オーナー向け、その他関連企業などの展示会です。

賃貸住宅フェア2018

日本最大級の賃貸住宅の展示会です。

今年目立ったもの

オーナーや管理会社向けの情報として、昨年と違い圧倒的に展示が多かったのが

「宅配ロッカー」です。

今や通販なしの生活は考えられない方も多いのではないでしょうか。加えて昨今の物流業界の状況改善に大きく寄与できる設備です。

通販を使う方は、一度経験するともう宅配ロッカーのない生活には戻れないほどです。単身でお住まいの普段お忙しい方であればなおさらですよね。オーナーへの提案ということで、省コスト、省スペースのもの、雨ざらしでも耐えられるもの、スマホと連携するものなど多彩でした。今後ECが加速するとそのニーズはさらに増しますので、今もニーズは高いのですが、お客様の必須設備のひとつになると思います。

 

もう一つはIT関連ブースです。賃貸営業支援システムからお客様支援システムまで様々なシステムが展示されていました。

当社はITをフル活用で顧客満足を目指します。こちらは随時ご案内しますのでご期待ください。

賃貸業界に必要なこと

今後も賃貸住宅がなくなることはありませんが、物件の探し方は様変わりしています。但し長い間業界を見ていると、どの時期においてもどんどんトレンドは変わっています。

一番印象に残っているのは、講演のパネリストに出ておられた某社の代表の方が「結局はお客様の満足をかなえること」とお話をしていました。その通りだと思います。物件探しのフローの中で何より満足いただくこと、お客様のご事情をよくお伺いして、今後もご提案したいと思います。

投稿者プロフィール

西原 太
法人営業部ではお客様へ正確な情報とホスピタリティをご提供します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
東京都葛飾区出身 宅地建物取引士 AFP
趣味:東京の街、車