一戸建て賃貸と借上社宅

一戸建て賃貸は専有面積が取れているものが多いので、広さを求めるお客様に好評です。しかし決して物件数が多くないのでイレギュラーな事もいくつかあります。

契約の注意点は分譲マンションと同じ部分が多い

ファミリー向け分譲賃貸と同様に、個人オーナー様が所有しているものを賃貸に出すケースが多いので、契約内容で気をつけるところは同様の事が多いです。

ただし当然、管理規約があるという訳ではないので、その点での生活の縛りはありません。

メンテナンス管理

一戸建ての管理を実施すると、庭の手入れなど敷地内のメンテナンスを賃貸の入居者にご協力いただく事が多いです。

また設備故障の不具合が生じた場合、集合住宅と比べてノウハウが少ないケースが多いので(例えば普段使っている設備屋さんがない、など)、入居時に設備故障があった場合は誰に聞いてどんな準備をしているのか、契約時に聞くと良いでしょう。

貸主のほうが大きな問題になりますが、退去時のリフォームがマンションに比べて金額が大きくなるケースが多いです。これは一般的に専有面積が広いという根本的な事情もあるかと思いますが、どうしても金額が大きくなってします。

一戸建て感覚のテラスハウスは

壁で隣の住戸と接しているテラスハウスは、一戸建て感覚で住むことができますが集合住宅の一つです。そのため上記の特徴は該当せず、通常の賃貸物件であると思ったほうが良いでしょう。ハウスメーカー様などが、非常に良いプランのテラスハウスを作っています。作るときに場所柄を検討し、ファミリー向けの場合はテラスハウスを提案することが多いようです。

なかなか賃貸では出てくることが少ない一戸建て賃貸ですが、会社様の社宅規定でも契約の可否があるようですので、規定を確認の上、オーダー下さい。

投稿者プロフィール

西原 太
法人営業部ではお客様へ正確な情報とホスピタリティをご提供します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
東京都葛飾区出身 宅地建物取引士 AFP
趣味:東京の街、車