物件決定から入居まで(法人契約)

物件を内覧した後、お気に入りの物件が見つかった場合は以下のようなプロセスを踏みます。

内覧 ⇒ 決めた! ⇒ 申込 ⇒ 入居審査 ⇒ 契約 ⇒ 鍵引き渡し

それぞれのプロセスのご紹介をします。

申込

「この物件を借りたいという意思表示」になります。

原則、申込をしない限り物件は確保できませんので、本当は「仮止め」「押さえ」などは存在しません(内覧中に止めが効く物件もまれにありますが、大変ごくわずかです)。止めの提案をする不動産業者もあるようですが、実はほとんどの場合、申込書を書いています。

申込書と入居者情報(免許証など)をFAXで管理会社に送って、着信確認を受けて物件確保を確認します。

なお、東京都では、賃貸の場合は手付金や申込金などをを受領してはならないことになっています。逆にいうと申込とキャンセルが無料でできるので安易に申込を乱発する業者さんもいらっしゃるようですが、当社はお客様のご意思を十分お尋ねしたのちの申込をさせていただきます。

申込があった物件は募集をストップするので、キャンセルすると貸主や管理会社は機会ロスや再募集など損失が発生するため、安易な申込はおすすめしていません。

(お気に入りの物件をみつけ、内見まで時間がある場合は動画撮影などを実施しますので遠慮なくお申し付けください)

入居審査

個人契約の場合は、支払い能力があるかどうかなどを中心に総合的に判断します。その基準や結果の理由については教えていただけません。

別の記事でもご紹介しましたが、借主が一旦居住をしはじめるとその住み続ける権利(居住権)は強力なので、貸主側が入居審査を慎重にやることもあります。数日間おまちいただくこともよくあります。

大手法人契約の場合、とくに転勤の方の場合は内見が1日2日程度しか取れないお客様も多くいらっしゃいます。入居審査のOKまたはNGはすぐに出ないこともあるため非常に神経を使いますが、詳細に状況をご紹介します。大手法人契約で審査NGになることはめったにありませんのでご安心ください。

契約・鍵引き渡し

契約は、法人契約の場合は借主法人様と行うこととなりますので、直接入居者様がかかわることはないかもしれません。

入居者様にかかわる契約行為で重要な点ですが、賃貸物件は「鍵の引き渡し」をもって「物件の引き渡し」となります。つまり、契約書への捺印などもさることながら鍵を引き渡すことで住む権利が発生するということになります。鍵の引き渡しは契約上重要な行為となるので、物件によっては例えば管理会社での店舗での引き渡しが必須、郵送の引き渡しはNG、などありますが、ご理解をお願いいたします。

また、鍵の引き渡しに際し必要書類の準備が必須、という貸主・管理会社もありますのでご協力をいただければと思います。

いっぽう借主様はご多忙な引越しの途中で引き渡しを行うこととなることは十分理解しておりますので、貸主・管理会社との取り決めで可能な限りご要望に沿うように動きますのでお申し付けください。

物件によって多少の差はありますが、極力入居者様のお手を煩わせることなくご入居のお手伝いをいたします。物件決定後もご要望がありましたら遠慮なくお申し付けください。

投稿者プロフィール

西原 太
法人営業部ではお客様へ正確な情報とホスピタリティをご提供します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
東京都葛飾区出身 宅地建物取引士 AFP
趣味:東京の街、車