ペット可物件と法人契約

我が家にも猫がいますのでペットと住む楽しさを知っています。

その私も引っ越すことがあったら物件探しは大変なのですが、ペットOKの賃貸物件は非常に探し方が難しく、転勤の方であればなおさらです。探し方についてご紹介します。

なぜペット可物件は少ないのか

ペットOKの物件が少ない理由としては挙げられるのが

①鳴き声の騒音 ②退去時の精算費用の高騰(においや建具の損耗) ③ペット嫌いな人の機会損失 です。

以前借主の権利が強いお話をご紹介しました。(過去記事 入居時の交渉ごとと法人契約)

飼育不可の物件で飼育しているのはもっての他ですが、

退去清算の費用は基本的には「当初ペットOKで貸主は入居を認めたので、退去時もペット飼育下で通常に損耗した部分は貸主が負担」となっています。そのためペット飼育時は当初より支払い条件が増すことがありますが、賃料等に損耗費用が含まれているという法律の考え方に基づいています。

理解のある貸主や管理会社は場合によってはペットとの面談を行うなど丁寧に管理される方もいらっしゃいますが、ほとんどは難しいのが実情です。

ペット可物件の流通状況は

ペット可物件は入居者様への差別化になるので貸主様にとってプラス材料になることもありますが、上記のとおりトラブルや出費の増大のリスクがありますので決して多くない状況です。但し大手管理会社では管理や退去時の精算のノウハウが増してきており、新築時からペットOKで募集することも増えてきました。逆に中古賃貸となってからは、ペット可に変更というのはなかなかできないということもあります。

ポータルサイトを見ると「ペット相談」と書いてあることが多いですが、これは犬であれば小型犬、中型犬、大型犬など、猫やほかの動物はどうなのか、頭数など物件によって条件が様々なので「相談」と書いてあります。

また分譲賃貸では物件がペットOKであっても居室内は不可、というケースもあります。

オーダーをいただいた際、ペットの種類や大きさ、頭数はぜひ教えてください。

法人契約の場合

法人契約に際して企業様の規定でペットとの同居が可能かどうか、契約の可否をまずお伝えください。

また特殊な条件で募集する物件も多くありますので、物件が規定に合致ないケースも多くあります。我々は事前に確認して物件をご紹介します。

私個人としては自宅の猫も私の家族です。物件数が限られる傾向にありますがベストを尽くしますので、特別なご事情やお客様のペットとの同居に対するお考えをお伝えいただければと思っています。

投稿者プロフィール

西原 太
法人営業部ではお客様へ正確な情報とホスピタリティをご提供します。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
東京都葛飾区出身 宅地建物取引士 AFP
趣味:東京の街、車